セリーヌディオン クリスマスアルバム セリーヌ(Celine)バッグ|長財布|財布 人気 新作 激安 2013

セリーヌディオン クリスマスアルバム

4K UHDTVのための時間3Dテレビが未来であることを私たちを説得しようとしているの5年後、それは、テレビメーカーが4K UHDTVに移動することが最終的に準備ができているようだ。 IFAコンシューマーエレクトロニクスではベルリン、ソニー、東芝、LGに表示は全て84inch 4K(3840テレビを披露しているこれらの腎臓だけベイパーウェアには、次のいずれか。LGテレビ(および米国で今月末に)今、韓国で販売されて、 ソニーが原因で、今年後半にあり、東芝は、新しい年に続く。LGLGは実際に月にCESで戻ってその4Kテレビデビューしたが、開始日(月)、価格(22000ドル)、モデル番号(84LM9600)、そして今回とIFAに戻って同社は、実際に人々が一緒にプレイさせて頂いております セット。 その大きさと解像度を超えて、そこにたくさんの面を下に接続(尻までHDMIおよびUSBポート)の、受動的な3D(と2Dto3D変換)、組み込み無線LAN、その他TOPEND機能のスルー。一般的には、IFAで消費者や記者はすべてLG 84inchテレビについても同じことを言うように見える:あなたが本当に十分に近いあなたが見ることができるすべては、TV(5フィート)であることを閉じ得るとき、それだけで本当に真価を発揮。 覚えておいて、1920年の3840(8.2万画素)の4倍の解像度を持つにもかかわらず、画素密度は(54 PPI、対200300 PPI現代の携帯電話のディスプレイで発見)は依然として非常に低いです。 84inch 4K TVは、50inchの1080 TV(44 PPI)よりも若干高い画素密度を有する。不思議なことに、少数の人々はテレビが非常に悪く、水平視野角(とdoesnのLGサイトがあっても通常は悪い兆候である視野角を、リスト)を持っているようだと報告している。SonySony、決して1は84inch 4K UHDTVは組み込み10speaker 50ワットのサウンドシステム、組み込み無線LAN、そしてネットフリックス、パンドラ、ユーチューブ、スカイプ、その他へのアクセスを提供するソニーエンターテイメントネットワークでデビューすることが決定しました、機能に行わ外にする Webサービス。 全部はmindblowing 176ポンド(80キロ)です。LGと同様、(ソニーは確かに記憶に残るモデル番号を愛している)そこに4K解像度で、およびプレイステーション3の所有者のために(偏光メガネを使用して)2ゲーマーは分割画面なしで1080でゲームをプレイすることができますSimulViewを、受動的な3Dをサポートしています。そこに価格設定でない言葉が、それは時間今年を起動したとき、それはおそらく、少なくとも25000ドルである。スケールのためにその横にiPhoneとToshibaThe東芝84inch 4Kテレビ、(クレジット:ベルジェ)我々はドンは、それが2013年にいくつかの時間が来ているという事実以外に、東芝84inch 4Kディスプレイについて多くを知っている。 写真から判断すると、東芝のユニットは、ソニーテレビよりなめらかではなく、かなりLGなどのしなやかなようにあり、任意の組み込みのスピーカーを腎臓が、本当に、あなたがテレビで$ 20Kを過ごすつもりなら、ソニーは本当にあなたが持っているにも適切に勝ったと思うん cinemagradeは、サウンド設定を囲む?我々の最善の策は、84inchモデルが東芝より小さい、alreadylaunched 55inch 4Kテレビと同じ機能を持っていることを前提としている。 ソファの上で別の席)。 55ZL2は、オンラインソースからビデオを再生する能力を持っていますが、ほとんどのレビューは、東芝の提供は、ソニーまたは実際に99ドルのメディアストリーマーに比べて見劣りすることを示唆している。おそらく最も困ったことに、55ZL2は東芝独自のシリアルポートを介して4Kビデオ入力と東芝独​​自のプロフェッショナルで、非常に高価なメディアサーバーであるデジタル·シリアル·ポートに出力デバイスのみを受け付けます。 うまくいけば、84inchモデルは、ソニーとLG UHDTVsように、HDMI経由で4Kを受け入れます。84インチ? ?145inch 8K UHDTV、および20インチ4Kモニタ:どのように約145 IFAには、2つの非常に興味深いものである他のテレビ、パナソニックの両方を生産している。 NHK、8K UHDTV(スーパーHiVision)伝送規格を発信し日本の放送局とのコラボレーションで作成された、145inchパナソニックのプラズマテレビでは、はるかに世界最大の高分解能ディスプレイです。 価格や可用性には言葉はありません。おそらく、IFAで展示されて最も興味深いのモニターは驚くべき216 PPIでの時計パナソニック20インチ4Kです。 すべてのレポートは、これらはこれまでで最も美しいデスクトップ·ディスプレイであることが示唆されたが、再び我々はドンは、価格や可用性を持っている。 一般に、これらのHIGHRESディスプレイは専門のアプリケーションをターゲットにして、しかし、薬のようなので、それらは5000ドルで開始する予定です。最後に、友好的なメモ:良いアイデアのように4Kモニタやテレビの音ながら、市場にそこにほぼゼロ4Kコンテンツことに留意し、巨大なビデオカードの設定に数千ドルを費やすの短い、でも近くに来る何も 3840でゲームをレンダリングするためにそこに4Kブルーレイ規格をISN、そして4Kテレビ放送の送信が始まったばかりでまだまだです。いつものように、しかし、それを構築し、あなたの周りに蹴り20,000ドル持っているならば、彼がそう来るの場合は、十年の1080で立ち往生されている私たちの単なる人間のための道を切り開くください。読む:8Kからワームホールへ、そして8K UHDTV:CES 2012をどのようにして、地上波放送電波でシステムは48Gbpsテレビ信号を送信するのですか?InNopeタグ付き、彼らはお金を節約するために任天堂を引っ張って、古いのGPUを使用しています。 PS4はPS3互換別れのキスを意味カスタムAMD APUのRadeon HD5000バリアントであることを行っている。XBOX360もAMD GPU、私が思うのRadeon HD 6670バリアントを持っていると噂されている。私は、何か面白いものに気づい:三社はGPU向けAMDを選んだ、それは非常に可能性が高い彼らが自分のそれぞれのコンソールの上のポートに任意のクロスプラットフォームのゲームを容易にするためにわざとことをしたこと。 同じGPUモデルではなく、与えられたが、それでも同じ家族内。3Dテレビが未来であることを私たちを説得しようとしているの5年間は、テレビメーカーが4K UHDTVの上に移動することが最終的に準備ができているようだ。その後、これらのUHDTVも3D持っていることを言う上に行く、3Dは悪いことだ作る。 あなたは今まで3Dは、彼らはより高い解像度のセットを作っている理由かもしれないと考えましたか?それが証明された、彼らは誰もがすぐに3Dテレビを持っていない可能性が私たちの日常生活に海陸ましたが、私はときに、消費者のセールスポイントでこれらUHDTVの誰もが3Dになります予測する場合、ドンはギズモとガジェットとして物事を却下。
セリーヌ(Celine)バッグ|長財布|財布 人気 新作 激安 2013