セリーヌ フェイスタオル セリーヌ(Celine)バッグ|長財布|財布 人気 新作 激安 2013

セリーヌ フェイスタオル

Microsoftのクロスヘアのうち滞在Yahooは 世界有数のインターネット通信、商取引、メディア企業としての地位を定義し、そうすることで、検索の支配からのためのプラットフォームを提供するすべてのものの上GoogleとMicrosoftの戦いのような巨人のようにほつれが多少外に滞在するお互いを管理しています nextgenerationのWeb開発。 実際には、主にメディア企業として、Yahooの位置はワールドワイドウェブの選手の次の世代の最前線に静かにそれを維持する可能性があり、ウォートンでの専門家は言う。それはYahooのポジショニングが偶然または意図的な戦略であるかどうかは不明だが、これらの専門家は注意するが、同社はrilingことなく、そのような音楽、検索、eコマースなどの強いplayerstarget複数のエリア、多数のと競争するに精通した方法になることができるものを発見した 主要な競争相手。 (1990年代後半にネットスケープに対するMicrosoftの無慈悲な攻撃を覚えておいてください。) あなたは、Microsoftの縄張りに侵入されないような方法で自分自身を配置するために言うことがたくさんがありますが、ケンドールホワイトハウス、ウォートンの情報技術担当シニアディレクターは述べています。 グーグルは他の会社のように、今、Microsoftのレーダー上にある。当初から、Yahooはそれ自身のメディアプレーヤーと見なされている、orasヤフー共同創設者のJerry Yangは、同社の初期のyearsaメディアプラットフォームで何度も述べている。ウォートンのマーケティング教授ザビエルDrezeはYahooのアプローチは、それはレーダーの下に飛んで、まだ多くのインターネット市場で複数のプレイヤーと競うことができましたことを示唆している。 その結果、マイクロソフトはヤフーと競合するだけでなく、それとのパートナー。 MicrosoftはYahooとちょうどより快適である、 Drezeはマイクロソフトとヤフーが彼らのインスタントメッセージングソフトウェアの互換性を確保するために10月12日に提携していることに注目、と言います。オブザーバーはヤフーを過小評価していますか? 42ドルシェアでは、Yahooは597億ドルの時価総額を持っています。 最近428ドル共有で取引されたと500ドルをヒットするためにいくつかのアナリストが予測されているGoogleは、1267億ドルの時価総額で2回のように貴重な以上のものです。 11月1日のリサーチノートで、ミュリエル·シーベルト社のアナリスト、ブライアンPrenoveauはヤフーと呼ばれる 過小評価インターネットのスーパースター。Googleは速く成長しているものの、その一方で、YahooとGoogleは、類似の金融の立場である。 9月30日までの9ヶ月間、Yahooは2004年の25億ドルの収益で4.67億ドルの利益に比べ、37.5億ドルの収入で12億ドルの純利益を報告した。 同じ期間に、Googleは2004年21.5億ドルの収入で195百万ドルの純利益に比べて、42億ドルの収益で11億ドルの純利益を報告した。Microsoftでさえある程度ヤフーを過小評価することもできる。 マイクロソフトの最高技術責任者レイ·オジーは、広く公開メモで、彼はその支配的なデスクトップソフトウェアの位置には、同社の最大の脅威として、Googleを見ていると指摘した。 これとは対照的に、Yahooは、検索でグーグルに近い第二が、唯一のオジーから渡す言及を獲得。 Yahooは、ソフトウェアとサービスを組み合わせて大幅な通信資産を持っていますが、彼らは広告の注目すべき例外はplatformthey内部資産として、主に彼らのプラットフォーム機能を利用しているように見えるメディア会社andwithの多くである、オジーは書いている。オジーのコメントは、メディア企業として、Yahooのポジショニングは、そのperksitいずれか1つの会社への直接的な脅威ではないようですがあることを示唆している。 ヤフーは、例えば、CEOのテリー·セメル含む、ハリウッドの重役を雇ったが、Yahooのオンラインサービスに大きくアドバタイズテレビネットワークや映画スタジオのパートナー残っています。 同社は、検索の面でGoogleに最も比較であるが、そのネットワークを介して多くのコンテンツを提供しています。 Yahooは音楽ビジネスを持っていますが、それは、Apple ComputerのiTunesと同等ではありません、それはそのようなオークションなどのeコマース機能を持っていますが、直接eBayで服用されていません。ドンHuesman、ウォートンの情報技術担当シニアディレクターは、ヤフー約オジーの発言は、近視眼的になるかもしれないと言います。 Yahooからの潜在的な脅威の彼の解雇は、私の意見では時期尚早である、 Huesman氏は述べています。 Yahooはまだ検索からの収入のほぼ半分を取得し、それは何億人もの人々の最初のインターネットポータルのまま。MicrosoftとGoogleがお互い後行く間てるのは賭けしかし、Yahooが傍観者に残って幸せです。時間が経つにつれて、YahooがGoogleなどのMicrosoftの側に大きなとげのようになる可能性があり、ウォートン法的研究とビジネス倫理教授ケビンWerbachからは言う。 グーグルは、その野望の幅広さ、今日マイクロソフトにより脅迫ですが、最終的にはYahooはWebにデスクトップから離れて重心を移動させることで同様の課題を表しています。おそらく、ヤフーがGoogleの注目を取得していない理由の一つは、それは分類することは容易ではないということです。 それは、検索でグーグルと競合するが、そのようなホットジョブズのような他の資産の群れを持って、ヘルプがサイトを望んでいた、Yahooの360、ブログやコミュニティサイト、やショッピングネットワークは、大と小商人を備えております。 任意の月に、これは私たちの製品スイートの幅広さに話す。 Yahooはウェブ上の他のどの企業よりも多くの方法でより多くの人に達する。 Drezeによると、大規模な聴衆を構築するために Yahooはできるだけ所有して戦っている。 Yahooはすべてになろうとしている。確かに、Yahooは火の行ではありませんが、それはまた、偉大ではないいずれかの領域である。 コンテンツ、コマース·サービスの広範な配列を提供しながら、Drezeは付け加え、Yahooの戦略のリスクは会社がフォーカスを失ったということです。 ;我々はGoogleが得意とは何か知っている、それは検索エンジンだが、Yahooはそれほど明確ではYahooはすべての人々にすべてのものになろうとし続けた場合、それが脆弱になる可能性があります誰もが、Googleが何をするか知っています。 例えば、Yahooは検索でGoogleにトレイル。 ComScoreのネットワークによると、10月の検索市場、GoogleのシェアはYahooの29.2%とMSNの14.6%に比べて39%であった。そこにホワイトハウスノートは検索よりヤフーへのよりだが、それは会社が自分自身を定義するタフな時間を持つことを意味します。 それにもかかわらず、Googleは、MicrosoftとYahooは実際にはインチ繁栄するための多数のウェブ市場がありますが、それはすべての3つは、最小限の直接的な競争と完全に良好なビジネスを構築することができている可能性があります。 Werbachから状態として、 GoogleとMicrosoftは、おそらく同じような会社であるという意味でYahooの最も近い競争相手ですが、いくつかの分野に興味を持つ主要なインターネットプレーヤーとして、Yahooはいくつかのレベルでほぼ全員に対して競合している。ウェブzerosumない 競争的な環境なので、Yahooや他の誰かが勝つかどうかの単純な問題ではありません。 Yahooは比較的静かなプレーヤーである別の前線が頻繁に ウェブ2.0、デスクトップソフトウェアは、今日何をするか交換しますeasytocreateサービスとbuilda Webベースのコンピューティング·プラットフォームへの試みへの参照と呼ばれるワールドワイドウェブのnextgenerationの開発である。ホワイトハウスは、同社のアプリケーション·プログラム·インターフェース(API)が標準となっているWebの将来の発展に大きく依存と言います。 APIは、ソフトウェア·アプリケーションを構築するためのルーチン、プロトコルやツールのセットです。 マイクロソフトはグーグルので心配している理由の一つは、将来のWeb開発用のAPIを制御するための戦いですと、ホワイトハウスは言います。 しかし、Yahooはまた新たなプレーヤーであり、ホワイトハウス氏は述べています。例えば、YahooはそのマッピングサービスのMacromediaのフラッシュソフトウェアの使用と革新されており、Flickrの、そのユーザーは、グループ間での写真にタグを付けて共有することができるサイトを買収した。 Yahooはサービスの包括的なコレクションにそれをすべて一緒に縫うための位置にある、ホワイトハウスは言います。 これらの動きは、最終的にはオンラインサービスの最前線にヤフーを置くことができます。しかし、グーグルでもヤフーでもないが、Microsoftを却下することができ、Huesman氏は述べています。 Webサービスへの方向の急激なシフトがあっても誰も、マイクロソフトに明らかである。マイクロソフトの仕事は、それが技術のリーダーを圧倒するか、買収する膨大な資源を再配置できるようになるまで、可能であれば、ダウンして、移行を遅らせることです。Yahooは市場の数十年に触手を持っているようだが、どのような新興ことができ、メディア会社は、将来的にどのように見えるかのプロトタイプです。 たとえば、コンテンツを開発する必要があるかもしれませんが、また、よくソフトウエア、サービス、コマースに精通する。Yahooは、 サバイバーなどの 見習いとを作成したマーク·バーネット、など生産者とのパートナーシップを鍛造、ビデオのために検索エンジンを構築することにより、テレビとインターネットの融合のために自分自身を合わせて構築されていることをウォートン経営教授キースWeigeltノート ただハリウッド外サンタモニカ、カリフォルニア州の施設。 Yahooは良い計画を持っていると彼は言う。Werbachからは、それが将来のメディア企業は、似ているでしょうかは不明だと追加されますが、チャンスはリーダーはABC、CBSとNBCよりヤフー、GoogleとMicrosoftのようになりますです。 コンバージェンスが進行するにつれて、メディア企業の定義はそれほど明確になるだろうと彼は予測している。 ヤフー、GoogleとMicrosoftは、ユーザー、コンテンツ、ツールやアプリケーションの集合体がたくさんいるすべての企業である。Yahooはリーダーかもしれ主な理由は、伝統的なメディア配信を解体におけるインターネットの役割です。 ダイヤルアップからブロードバンドへのインターネット利用者の継続的な移行がYahooのコンテンツ指向のサイトに非常によく前兆、クレイトン·モラン、スタンフォードグループのアナリストは、11月16日報告書で述べた。 のように、まだ本質的に検索サイトであり、そのようなとして知られているグーグルとは対照的に、Yahooはインタラクティブなコンテンツを含む、情報とエンターテイメントコンテンツを提供しています。ヤフーは、インタラクティブなゲームのような高速インターネットサービスの普及、ストリーミングビデオの恩恵を受けるように配置され、 映像や音楽のダウンロード、およびリアルタイムのメディアイベント。 これは、ますます独自のコンテンツを作成し、そのユーザーが作成した情報を使用してメディアを統合するなどの従来のメディア企業は、パートナーとライバルの両方としてヤフーが表示されることを意味します。 既にラインがぼやけている。 Yahooの決算カンファレンスコールで、セメルは、同社が 重要な長期的な機会の冒頭でまだであることに留意され、メディアグループ、ハイライト表示 、コンテンツ取り組みやコミュニティ機能との統合を拡大しています。 たとえば、セメルYahooがでプロニュースソースを統合したことを指摘し、 ブログの統合を通じて、市民ジャーナリズム、Flickrの写真と私のWebリンク。 Yahooの最も興味深い革新の1つは、電子メールアラートとRSSフィード(ブログからコンテンツを配信するために使用)を統合してきました。 それは携帯電話やPDAにしてやら警告メッセージが発行されるとすぐに地質調査所は地震の警告について通知することができます。
セリーヌ(Celine)バッグ|長財布|財布 人気 新作 激安 2013