セリーヌ カバ コーデ セリーヌ(Celine)バッグ|長財布|財布 人気 新作 激安 2013

セリーヌ カバ コーデ

DBO部門から軍隊を撤退ニューデリー、5月6日:突然の開発では、インドと中国がDaulatでポイントオフスタンドから彼らの軍隊を引き戻し、中国軍は約3週間前に侵入していたラダックでOldi部門を請う、公式の情報源は、日曜日の夜に言った。中国軍の大隊が50程度で推定し、車両や犬を伴うDaulatの実際支配線を越えインドの領土(LAC)の内部19キロ侵入したのは4月15日にOldiセクターを請うと5つのテントを設置した。双方の部隊は4旗ミーティング、昨日のことの最後の1を開催しました。 しかし、行き詰まりを打破するための高レベルの外交努力を行ってきましたhandinhandこれらの会議、からの肯定的な結果ではありませんでした。双方は1930時間で完了した時点、オフの顔から同時に彼らの軍隊を引き戻すする合意が遅い日曜日到達した、源は言った。地方レベルで、インドと中国の指揮官が撤退前に手を振った、源は言った。しかし、中国人は原状の回復のために押され、インドで要求されたように4月15日に得られた位置にLACを越え戻ってすべての道を撤回するかどうかは明確ではありませんでした。ラダックでの顔オフが5月20日からインドへの新しい中国の首相が李克強の訪問のために地面を準備するために5月9日に中国への渉外大臣サルマンKhurshidの訪問に影を落としていた。Khurshidはラダックにスタンドオフ終了する対話の進展が十分ではなかったことを5月3日にイランへの彼の途中で記者団に語った。インドは中国からの より良い応答を好きだろう、と彼は言っていた、それがラダックと中国軍が侵入してきDepsangバレーの現状への復帰に 不利な事件の逆転を望んでいたことを強調した。中国側は、以前のそれらによって占領地から動くことを拒否し、インド軍が最初にDBO部門でその軍隊を引き戻す必要があることを主張していた。Brigadierlevel将校率いる両国の上級軍人はChushul昨日で四フラグ会議を開催したが45minute長続きする彼らの議論は、中国は、それが4月15日に取得したとしてstatusquoアンティを復元することを拒否との肯定的な結果なしで終わった。インド側は、プルダウンバック同時と中国人は彼らの侵入を明け渡すべきことでなければならなかったと主張した。 双方は、その後彼らの対話を継続することで合意した。中国側はまた、インドは、インド側が同じような活動が中国側で行われていたと主張するPhuktsayでLACとChumarエリアに沿って構築されバンカーを解体すべき彼らの以前の立場を改めて表明した。中国当局は、彼らの側の活動が開発作業の多くだったとインドはChumar分裂、ラダックの南東にその草食動物を押して停止するべきだと主張した。4月15日、中国軍は、ほぼ27キロ深いインドの領土に侵入していたが、部門に掲示セキュリティ担当者によって早期発見と積極的なパトロールはDBOセクターの古いパトロール拠点の近くに現在の位置にそれらを引き戻すことに成功 これはまだLACから19キロです。今日の契約に基づき、インド軍はBurste、彼らは4月15日の前に駐留していたポイントに戻って移動することを決めた。MEAソースは最後の数日間で、インドと中国間の外交協議が強化されていると述べた。協議が関係当局との直接接触にある外務大臣から離れて北京で私たちのミッションを含め、様々なレベルで開催されていた、源は言った。
セリーヌ(Celine)バッグ|長財布|財布 人気 新作 激安 2013